古代蓮の島・なると島田島

お知らせ

2021写真コンテスト優秀賞の2組がれんこん収穫体験にチャレンジ

2021花ハス写真コンテストの優秀賞に輝いた6名の方の中から、デジタルカメラ部門の自由人さんとスマートフォン部門のkazenoitoさんの2組の皆さまが、島田小学校の横にあるレンコン畑で初めてのれんこん収穫体験をしました。
れんこん収穫体験は優秀賞の副賞になっていたのですが、心配していた先日の台風による雨の影響もほとんどなく、晴天に恵まれて暑いくらいの中でのレンコン掘りになりました。

れんこん収穫体験の様子

先に着いた自由人さんのグループに当プロジェクトのれんこん掘りの先生が掘り方をレクチャー。

スマホで撮影をしているのは、今日の取材をしてくれている「あわマガジン」という情報タウン誌の方です。

さて、皆さん上手く掘ることができるでしょうか?

自由人さんのグループは男性ばかり三人です、掘り込んでいく力も強く深めに掘っているようです。
慣れてきたようで、さっそく掘り当てたようです。
しかも、そこそこの大きさのれんこんを掘り上げていました。
女性陣のお二人は見学をしていましたが、終わる頃にはかなり掘っていました。

少し時間をおいてkazenoito様のグループも到着しました。
こちらは女性陣がお二人、同じ用にレンコン掘りの先生がレクチャーします。
更に掘りながられんこんを見つけるというサービスも…。

男性でもかなりきつい作業なんですが、なかなか掘れないところを頑張ってそこそこの大きさのレンコンを掘り当てていました。
ただ、れんこんが繋がったまま掘り出すのが難しんですよね。
しかも、かんたんな作業に見えて足腰にはかなりの負担がかかります。

れんこん掘りは思った以上に重労働

硬めの畑とはいえ足がめり込んでしまうため移動するだけでもかなり足腰にきます。
慣れているはずの島田島活性化プロジェクトのメンバーでさえ、掘っているうちにバテ気味になってしまいます。
特に、今日のような晴れの日はかなり肉体的にこたえてきます。

島田島のれんこんは、体験用にとミニサイズの種類になっていますが皆さん楽しんでいただけたと思っています。

次回は10月23日土曜日に、同じく優秀賞に輝いた方々が見えられる予定になっていますが、まだ申し込みをされていない方もいます。
準備などの都合もありますので、まだの方は16日の土曜日までに連絡をいただければと思います。

最後に、今日のれんこん収穫体験に来てくださった皆さん、お疲れさまでした。
来年の古代蓮もぜひよろしくお願いします。

2021写真コンテスト優秀作品を鳴門のお城に展示

昨日、9月25日(土)に鳴門市のシンボルになっている妙見山山頂のお城、トリーデなるとに写真コンテストで優秀賞に輝いた6作品を展示してきました。
手作りの写真パネルで撮影者の皆様には恐縮ですが、長期間の展示ができまるようにお願いしましたのでお時間のある方はぜひ足を運んでいただけたらと思います。

写真コンテスト優秀賞作品展示の様子

優秀賞に輝いた6作品は3階に上がったすぐ左側の壁に展示してあります。
手作りの写真パネルなので撮影者の方には恐縮なのですが、どの作品も綺麗ですのでぜひお城まで足を運んで見に行っていただければと思います。

天守閣展望台からの眺めは最高!

せっかくトリーデなるとに来たのですから、もう1階上がって天守閣展望台からな鳴門市内を眺めてください。
市内の殆どを見渡すことができて、天気がいいと爽快で眺めは綺麗です。

トリーデなるとアクセス

お城には駐車場、トイレがあります。
ただし、車か徒歩、自転車などでなければ行くことはできません。
駐車場手前には「ガレの森美術館」もあり、ガラスの魔術師と言われたガレの作品を中心に展示しています。

トリーデなると情報
開館日 :土日祝日のみ(年末年始は休館)
開館時間:9:00~16:00
入場料 :無料
駐車場 :有り
トイレ :館内と周辺屋外、駐車場に有り
周辺施設:ガレの森美術館(入館料必要)
※山頂のため公共交通機関はありません。

2021年の古代蓮もそろそろ見納め(2021年8月8日)

島田島の古代蓮も今年はそろそろ見納めとなりそうです。
今晩からは台風も近づくので、たぶん明後日にはほとんどの蓮花は散ってしまうでしょう。

大島田の古代蓮の様子

島田小学校より約1.5kmほど先にある大島田の古代蓮は、少ないながらも咲いていましたが咲き終わりの花托が目立ち、新しい蕾はほんの数本しか見ることができませんでした。
今、咲いている蓮花はこの台風で散ってしまうでしょうし、たとえ蕾が折れずに生き残っても数えるほどしか見ることができないと思います。
今日は早朝から暑かったのですが、何人かの方が入れ替わり立ち代わりで見に来られていました。

中島田の古代蓮の様子

島田小学校周辺の中島田の古代蓮はすべて見納めとなっています。残っていても数えられるほどしかありません。
少し先にある白やピンクの蓮花はまだ咲いてはいますが、こちらもかなり花托が目立ってきており蓮花は台風で倒されてしまうでしょう。
新しい蕾も目につくのがかなり少ないので、来週にはもう見納めと思いますが、もしかすると、お盆用に蓮花は残ってはいるかもしれません。

古代蓮が見えるラストチャンス(2021年7月31日)

島田島の古代蓮も終盤となり、島田小学校周辺では古代蓮はすでに見納めに、白やピンクの蓮花の小三色や紅島田がまだ花を咲かせています。
そこから1.5km位先にある大島田の古代蓮はまだまだ蓮花を見ることができます。
まだ蕾もあるので、来週いっぱいなら綺麗なピンク色の蓮花を見ることができそうです。

大島田の古代蓮の様子

大島田の古代蓮が今年見ることができるラストチャンスを迎えています。
咲き終わった後に残るシャワーのような形の花托が多くなり、少し寂しくなりますがまだまだピンク色の花は蓮畑に咲き誇っています。


島田小学校周辺の古代蓮の様子

小学校周辺の古代蓮に関してはすでに見納めになっていて、咲いていてもほんの数本だけです。
古代蓮は終わりになりましたが、小学校よりの少し先にある蓮畑にはまだ白い蓮花とピンク色の蓮花を見ることができます。
こちらも来週いっぱいがラストチャンスかも、蕾はありますが花托が大きなってだんだんと寂しくなっていくでしょう。


古代蓮の開花状況(2021年7月17日)

島田小学校のある中島田の古代蓮はすでに見頃を終えてしまいました。
そこから1.5kmくらい先にある大島田の古代蓮は今が見頃になっています。
全体的にですが、遅くまで蕾が出ている蓮はお盆くらいまで楽しめそうです。

大島田の古代蓮の様子

早朝よりたくさんの人が訪れ、写真撮影をしていました。
開花しはじめの頃は、遊歩道左側の成長が遅れていましたが葉が広がり、蓮花の蕾もかなり増えてきて、濃いピンク色の蓮花が綺麗に咲いています。


あくまでも予想ですが、この見頃は今週いっぱいは続くと思われます。
蓮花は徐々に少なくなっていきますが、8月のお盆の頃まで楽しめそうです。

中島田の古代蓮の様子

島田小学校周辺にある2箇所の古代蓮はすでに見頃を通り過ぎてしまい、咲き終わった花托がかなり目についてきました。
まだ、少しですが蕾は出てきているのであと少しは蓮花は見ることができそうです。

島田小学校隣にあるれんこんハウス前の紅島田が少ないですが咲いており、蕾もポツポツと見受けられるので暫くは濃いピンク、というより紅色に近い綺麗な蓮花が楽しめそうです。

そこから奥にある小三色という白い蓮花がかなり増えてきていて、手前の紅島田まで占領しています。
こちらは、まだまだ蕾が沢山出ているのでかなりの期間蓮花を見ることができそうです。
ただ、ちょっと残念なのがあまり葉のほうが伸びていないです。



 

四国放送の取材を受けました(2021年7月12日)

この記事を書いているのは7月14日なので既に2日も過ぎてしまいましたが、先日12日に四国放送の取材を受けました。
一番奥にある大島田の古代蓮をメインに撮影して、インタビューを島田島活性化プロジェクトの副会長で、ここの古代蓮を一人で管理している足原さんです。
少しだけ横からスマホで撮影したので、現場の雰囲気をどうぞ見てください。

最後に島田小学校隣りにあるれんこんハウスによって、ここでも取材をしてくれたのですが、写真を撮るのを忘れました。
ちゃんと放送されると思うので、今日の番組を見てください。

テレビ局:四国放送(1ch)
番組名 :フォーカス徳島
放送日 :7月14日
放送時間:午後6時15分から(18:15~)

フォーカス徳島、Facebookもあるんだけど全然更新されていない(;_;)残念。
サイトの方も予告とかないですし。

古代蓮の開花状況(2021年7月10日)

10日の土曜日の古代蓮の様子です。
全体的にはかなり増えてきましたが、ある程度揃ってくるのはもう少し掛かりそうです。
このサイトでは、あと1週間から10日くらいと頻繁に書いてしまいますが、現実はなかなか予想が難しく当たり外れがあることをご容赦ください。

大島田の古代蓮の様子

大島田の古代蓮はかなり順調に育っていて、蓮花も綺麗に咲いています。
7時過ぎに見に行ってきたのですが、そこそこ見に来ていました。


中島田の古代蓮と花ハスの様子

島田小学校横の古代蓮は次々と咲いてきており、散ったあとの花托(かたく)も目立つようになってきました。
小学校隣りのれんこんハウス前にある古代蓮は、数は増えてはきていますがまだ奥の方の咲き具合がよくないです。
すぐ隣の紅島田はやっと開花してきており、数は少ないですが濃いピンク、まさに紅色の蓮花を咲かせています。
奥に行くと白い蓮花がかなり咲いていますが、逆に蓮の葉のほうが少ない畑もあります。
今年、植えたばかりの古代蓮は蕾が見えだしたと聞きました。



古代蓮の開花状況(2021年7月4日)

蓮花が増えてきたとは言え、やはり見頃にはもう暫く時間がかかります。
今日は日曜日ともあって早朝よりたくさんの方が見に来られておりました。

大島田の古代蓮の様子

大島田の大賀ハスは蓮花が順調に開花しています。
見頃にはあと1周間は必要かと思いますが、順次咲いていくので午前中に見に来ていただくと綺麗な蓮花が見れます。


中島田の古代蓮と花ハスの様子

島田小学校周辺の古代蓮は蓮花が増えてきています。
小学校横の大賀蓮はすでに咲き終わったあとの、ハチの巣と呼ばれる蓮の実が詰まっているのが増えてきました。
小学校隣りにあるれんこんハウス前の古代蓮も少しづつですが増えてきています。ただ、横の紅島田はやっと小さな蕾が数本見えだしたところです。
奥にある紅島田、小三色は白い蓮花が多く見られるようになりました。
その奥の紅領巾や今年植えた古代蓮はもう一つです。



 

古代蓮の開花状況(2021年6月25日)

記事を書いているのは26日ですが、昨日25日の開花の様子をお伝えします。
全体的に見頃を迎えるのはあと1週間から10日ほどと思いますが、25日は雨もなく曇りで外も過ごしやすかったのでたくさんの方が見学に来られていました。
蓮花はまだ少ないですが、これからだんだんと増えてくるのでご来場の参考にしてください。

大島田の古代蓮の様子

咲いている蓮花も増えてきました。
また、色づいた蕾がものすごく増えています。
あと1週間もすればかなり見頃になるかなあと思います。

中島田の古代蓮・花ハスの様子

中島田の古代蓮もかなり咲きだしていますが、やはり見頃を迎えるのはあと10日ぐらいでしょうか。
古代蓮以外の花ハスは小三色が白い花を咲かせています。
写真を撮られる方も増えてきました。

テレビ鳴門の取材中

鳴門市のケーブルテレビ、テレビ鳴門さんの取材を受けました。
写真に写っているのは青い服を着ている方がそうです。
テレビ鳴門は今回の「2021花ハス写真コンテスト」の後援になっていただいています。
なお、今日の取材はテレビトクシマのステップという番組で放送されます。もちろんテレビ鳴門でも放送されます。

放送日は6月28日(月)のお昼、12時からのテレビ徳島のステップという生放送です。
見逃した方は夜の22時から再放送があります。
テレビ鳴門は11chで同時刻に放送されます。
また、テレビ鳴門では「なるとウォッチング」でも放映されるので、見逃してもまた見ることができます。
ただ…私事ですが写真コンテストの説明撮りがシドロモドロで見てほしくないような…。

今日の作業風景

今日は花ハスほ場の畦道にコンパネを敷いて歩きやすくしました。
一部でもあるし、1枚づつでつなげていないので足元には気をつけてください。

中島田の古代蓮

苦肉の策、ベニヤで畦道の整備中 2021.6.26

中島田の古代蓮ほ場に車椅子優先見学ステージを設置

島田小学校横の古代蓮・大賀蓮の蓮ほ場一角に車椅子優先の花ハス見学ステージを作りました。
制作費用に日亜ふるさと振興財団様の助成金を使わさせていただきました。
なお、日亜ふるさと振興財団様の助成金は今回のステージだけではなく、イノシシ被害にあった畦道の修繕をはじめ古代蓮ほ場の整備などに使わさせていただいています。
ありがとうございました。

古代蓮の開花状況(2021年6月19日)

今日はあいにくの雨ですが、朝から蓮を見に来られた方もいました。
まだ見どころには少し早いですが、大島田、中島田の古代蓮は順調に育っています。

大島田の古代蓮の状況

大島田の古代蓮は開花こそまだですが、濃いピンク色の蕾が数本出てきているので、あと2~3日ほどすれば花が咲きくかもしれません。
蓮そのものはまだ全体には広がっていませんが、蕾は次々と出てきているので今月末頃にはそこそこ咲いていると思います。

中島田の古代蓮と花ハスの状況

島田小学校横の大賀蓮は開花が始まってから順調に次々と蓮花が咲いています。
とはいえ、見頃にはまだまだ程遠いのですが、れんこんハウス前の大賀蓮や他の花ハスにも蕾は出てきているので、これから咲き出すと思います。

2021花ハス写真コンテストは明日から受付開始

写真コンテストがいよいよ明日から始まります。
蓮花の見頃にはまだまだ早いですが、遠方からで頻繁に行けないという方はスマートホンでいいので、その場から応募いただければと思います。
現在、各花ハスほ場には下の案内を取り付けていますので、スマホから右側のQRコードを読み込んで頂き、花ハスコンテストのサイトからぜひ応募してください。
※スマートフォン部門の応募は1人2作品までといたします。(2021年6月19日訂正)

2021花ハス写真コンテストの応募サイトはこちら
↓ ↓ ↓
https://kodaihasu.net

古代蓮の開花状況(2021年6月12日)

中島田の島田小学校横にある古代蓮・大賀ハスが咲き始めそうになっています。また、蕾もかなり増えてきているのでこの先が楽しみです。
大島田の古代蓮は小さいですが蕾が出てきたのでもうすぐ開花するでしょう。

大島田の古代蓮の状況

島田島の古代蓮発祥の地、大島田の大賀ハスは遊歩道右側がなぜか生育が早くてもう一面に広がってきました。
対して左側はまだまだといった感じですが、右側には小さな蕾がぽつぽつ見え始めてきました。

中島田の古代蓮と花ハスの状況

島田小学校横の古代蓮・大賀ハスは蕾が膨らんできていて今すぐに咲きそうなので2つほどありました。
また、ほかにもたくさんの蕾が見えるので、この調子だと次々と咲きそうです。
隣のれんこん収穫用の蓮はまだまだ、れんこんハウス前の大賀ハスとも一面に広がってきていますがまだ蕾が見えそうにありません。

6月13日に海岸掃除のボランティアがあって、前を通るのでついでに見たら一輪はすでに開花していました。もう一輪も明日には開花しそうです。
蕾はたくさん見えるので、例年よりも早くつぎつぎと咲いていきそうです。

島田小学校の隣にあるれんこんハウス前の大賀ハスと紅島田は、一面に広がりつつありますが蕾は見えず。
目が悪いので見落としているかもしれませんが…。

れんこんハウスを通り越して大島田の古代蓮の方に行くと紅島田や小三色、紅領巾といった花ハスや古代米、古代蓮が植えられています。
紅島田は蓮が一面に広がっていますが、あとの花ハスと今年新しく植えた古代蓮はいまいちといった感じ。しかし、小三色には小さな蕾が出てきています。

おまけの古代米、今年新しく中島田に植えたのですが、こちらの生育は順調のようです。

古代蓮の生育状況と今日の作業(2021年6月5日)

前回よりまだ1週間しか立っていませんが、島田島の古代蓮と花ハスの生育状況をお伝えします。
正直、1週間だとまだ目についた変化は見受けられないですが、たまに立ち寄っていただくとどんどん広がっていくのが分かるかなと思います。

大島田の古代蓮の生育状況

蓮は広がってきているし、水面より上に伸びてはきていますがまだまだといった感じです。
でも、これが6月末には蓮花が見られるなんて想像もつかないですよね。

中島田の古代蓮の生育状況

中島田の古代蓮は順調に生育しています。
大賀ハス以外の品種の花ハスは、広がりの早いのと遅いのでかなりの差があります。
しかし、例年だと見ごろを迎えるころには同じように蓮花は咲いているので心配はないでしょう。

島田小学校横の古代蓮とれんこん収穫の蓮

れんこんハウス前の古代蓮と紅島田

島田小学校周辺の古代蓮と花ハス

今日の作業風景

中島田の古代蓮ほ場では、蓮の周りを埋め尽くしにかかってきた「コナギ」という草を取って、島田小学校周辺の花ハスに肥料をやりました。

花ハスの生育状況(2021年5月29日)

今日、5月29日の古代蓮ほ場の様子を写真におさめてきました。
先週とあまり変わりはないのですが、蓮が伸びていく様子が分かるかと思います。

大島田の古代蓮の状況

大島田の古代蓮は、中央にある遊歩道を挟んで生育の状況が少し違います。
手前の方は広がっているのが多いですが、奥側はまだまだこれからといったところ。
でも、時間が立つにつれて伸びてゆくのは早くなり、またたく間に大きな蓮の葉に一面が覆われるようになります。

中島田の花ハスほ場の状況

中島田は、古代蓮は順調に生育しています。
その他の花ハスは品種によってまちまち、いや、水田によるのかもしれませんが大きくなっているのもあれば、まだまだ少ないし小さいのもあります。
でも、あまりたくさん育っていると後の花の生育にも影響が出てくるとか。
いずれにしても、もうすぐ6月に入るので蓮花の咲く6月下旬が待ち遠しいです。

島田小学校前にバナナの苗を植えました(2021年5月29日)

今日は古代蓮…ではなくてバナナの苗を4本、島田小学校グランド前の畑に植えました。
日本でも何とか育ってバナナもなる品種だそうですが、さてどうなることやら、来年が非常に楽しみになりました。

さて、皆さんが気になるのはバナナの品種だと思います。
今回植えたバナナはアイスクリームブルーバナナで、説明を見てみるとバニラとバナナがミックスした濃厚な甘さらしい、めちゃ楽しみです。
気温がマイナス5度まで耐えられるそうで、幹を保温すれば露地でも冬越しができるらしいので、来年はどうなっているのか、このバナナの生育状況も楽しみにしてくださいね。

あと、今日は古代蓮の品種保護も兼ねて蓮鉢を作って植えました。
作業風景を撮るのを忘れてしまったのですが見てください。
今日の古代蓮ほ場の状況も載せていますので宜しくお願いします。

花ハスの生育状況(2021年5月29日)

れんこんハウスに古代蓮のハス鉢を設置

今日は、バナナの苗植えのあとに古代蓮のハス鉢を作って古代蓮を植えました。
品種の保護と花ハスを見に来られた人が、ふらっと立ち寄って見てもらえるように植え付けました。
作業を一緒にしたので作業中の写真が無いですが、こんな感じになっています。

ハス鉢に利用したのは、中にジュースの元?が入っていた大きなタンクです。
人が飲むものが入っていたので安心して育てることができます。
水が濁っているのは中に土を入れて間もないから、皆さんが見に来られる時には澄んでいると思います。

花ハスの生育状況(2021年5月29日)

古代蓮を新規のほ場に植えました(2021年5月23日)

今日の作業は、中島田に新しく古代蓮の植え付けをしてほ場を一つ増やしました。
というのも、先日の古代米の田植えは元々が古代蓮が植わっていたところ。
古代米はできますが古代蓮が減ってしまうからと、当プロジェクト会長の畑を水田にして新しく古代蓮を植えたのです。

ちなみに、上の作業風景に映っている風車は、地元、北泊にある普光寺さんの住職が手作りして持ってきたもので、こうしてみるとなかなか風情があると思いませんか?

花ハスほ場の状況(2021年5月22日)

今日の作業は特になかったので、中島田と大島田の古代蓮ほ場の様子をお伝えします。
今年は梅雨がものすごく早かったのですが、これから蓮にも影響がでるのか、それとも例年通りに6月下旬から咲いてくれるのか、まだ先のことですが今から待ち遠しい限りです。

大島田の大賀ハスほ場の状況

古代蓮の大賀ハスが島田島に最初に植えられたのがこちらのほ場になります。
まだまだ延びていないように見受けられますが、これが来月には一気に伸び始めて一面が蓮で覆われるなんて信じられないかもしれないですね。

中島田の古代蓮ほ場の状況

島田小学校のある中島田には、古代蓮のほかにも紅島田や小三色といった花ハスも植えられています。
島田小学校の隣りにある「れんこんハウス」前を中心に広範囲にほ場があるので、水田にもよるのか生育状況はかなり違いがあります。

田んぼをヒマワリ畑に変身中(2021年5月9日)

鳴門スカイラインを島田島におりて、島田小学校の方に左折するとすぐ右手に田んぼがあります。
ここは昨年、古代蓮を植えてみたのですが蓮の成長よりも草の成長が勝ってしまい、浮草の中に古代蓮が開花したような風景になってしまいました。
さらに、田んぼに水を取り入れる水路に水が溜まらなくなり、今年は古代蓮をあきらめてヒマワリとコスモスを植えようと言うことになりました。
今日は島田島活性化プロジェクト会長がトラクターで耕すということで作業の様子を写真に収めてきました。
会長、1人での作業、お疲れさまでした。いつものことでお手伝いなしですみませんm(_ _)m

2020年の古代蓮の状況

昨年は下の写真のように一面に草が生い茂り、その中に古代蓮の大賀ハスがポツポツと開花していた状況でした。(全体の写真が見当たりませんでした。)

2021年5月9日の作業風景

ここはかなりの広さがあるので、トラクターでも全部終わるのに時間がかかります。
会長には申し訳ないのですが、最初の写真を撮ってからは時間を見てもう一度撮影しにきました。



子供たちの田植え体験(2021年5月8日)

雨上がりの今日の作業は、朝から子供たちを呼んでの田植え体験です。
先日、花ハスほ場の一角に植えた古代米、田植え機で植えたのでところどころ飛んでしまったところに手で植えてもらう体験をしてもらいます。
参加したのは、いつも何かとお世話になっている地元のしおざきさんの子供とお友達、さてさてどうなることやら見ものです。

子供サイズの長靴も役に立たず…

朝の9時に島田小学校隣の「れんこんハウス」で待ち合わせ、事前には聞いていたのですが探したけれど長靴がないとのこと。
そこで「れんこんハウス」にある小さめサイズの長靴を履いてもらうことになりました。
当然ですが、子供たちみんな田植えなんて初体験、田んぼに入ることすら初めての体験です。

最初は意気揚々と田んぼに入ったのですが、一歩二歩と足を踏み入れたら抜けなくなって大騒動。
残念ながら、この様子の写真を撮り忘れた…というより、足を引っこ抜いたりするのを手伝っていたのでありません。キャアキャア騒いでいたのに撮れなかったのが本当に残念無念。
結局は、みんな素足になって入ることに、それでも躊躇なく田んぼへと足を踏み入れていました。
中には、虫が怖いからと入らない小さな子どももいましたがね。

尻もちをついて泥んこになる子も…

写真を撮るのをすっかり忘れていたので、上の2つはしおざきさんと子供が撮影した写真をお借りして載せています。
さて、しおざきさんには予め着替えは持ってきたほうがいいと伝えていたので、少々泥んこになってもへっちゃらです。
中には尻もちをついてズボンが泥まみれになった子もいましたが、何食わぬ顔で田植えに挑戦していました。
といっても、横から見ていると田植えと言うよりも先に植えたところを踏みつけながら移動しているような…。
これでは田植えにきたのか荒らしにきたのかわかりませんが、何しろ子供が超少ない島田島、普段では聞くことのない子供たちが騒ぐ奇声?に心が和まされます。


最近では滅多にできない田植えの体験、これは来年以降も続けたいなあと思いました。
もちろん、植えた副会長に「機械で刈り取れなくなるから駄目」と言われなければの話ですが…。

次回はヒマリリの種まき体験します

実は、このページを書いているのは田植え体験の翌日になるんですが、鳴門スカイラインから島田島に降りて左折したすぐのところにある田んぼにヒマワリを植えることが決まっています。
こっちはかなり広いので、そのときも子供たちを大勢呼ぼうかなあと思っています。
今日、5月9日の朝から会長が1人トラクターで耕しています。
子供の体験シリーズ、これからも続けられたらいいなあ。

古代米の田植え(2021年5月4日)

中島田にある島田小学校を通り過ぎた周辺の一番大きな花ハスのほ場、ここには古代蓮と小三色などの他の品種の蓮が植えられています。
しかし、肝心な古代蓮の成長が以前から思わしくなく、今年も芽はあるみたいのなのですが全く伸びてきそうにないので思い切って古代米を植えることにしました。
島田島は古代蓮で有名になってきていますが、古代米もこのプロジェクト当初から収穫しているんです。


新しい古代蓮(大賀蓮)のほ場

今回、古代蓮のところに古代米を植えたので、新しく古代蓮の水田を作りました。
会長の畑だったのですが、水を引くのには便利なので耕してすでに水も取り込んでいました。
まだ古代蓮は植わっていないのですが、近いうちに植えると思います。
場所は先程の古代米の水田から少し大島田の方に進んだ右側、道路からだとちょっと下の方になります。
もう少し行くとバス釣りの人がよく訪れる、なかま池という池があります。

パパイヤの植樹(2021年5月3日)

今日は古代蓮…じゃなく、何とパパイヤの苗を植えました。
さらに、ベリーの苗も植えたしバナナを植える畑周りの整備もしましたよ。
うまく育ってくれたらいいなあ。

パパイヤの植樹の様子

ここは畑というよりも盛土になった土地、柿の木以外は草しかなかったのですが、小さなユンボの力を借りてパパイヤの苗を6本植えました。


ベリーも植えました

何ベリー?
最近はカタカナでも少し長いと覚えられない…とほほ。

バナナを植える予定の畑周りの整備

バナナは今回植えませんでしたが、どうやら余り背が高くないとのことで畑の周りの垣根をバッサリとやりました。
かなり伸びていたのでスキリ!!

 

 

花ハスほ場の状況(2021年5月1日)

島田小学校周辺の花ハスほ場の蓮の様子と、大島田にあるほ場の古代蓮の状況をお知らせします。
先月と比べると古代蓮は順調に成長していますが、蓮の種類によってはまだ目につくほど成長していないのもあります。
すくすくと育っている蓮の葉は少しずつ大きくなり、水田全体に広がってきており水面の上に顔を出してきています。
目につかない蓮の方も、もう少しすればいきなり水面に葉が顔を出してくれるでしょう。

大島田の古代蓮の状況

今日は風が強かったので写真では見にくいかもしれませんが、こちらはかなり広げってきており、蓮の葉が水面より上に伸びてきました。まだまだ小さいですが、これから暖かくなると成長も早いのではないかと思います。

中島田の花ハスほ場の状況

中島田では島田小学校周辺にかなり広い面積で、古代蓮をはじめ多品種の花ハスを育てています。
まずは、島田小学校横の古代蓮と花ハスの様子をご覧ください。
特に古代蓮の方はかなり広がってきており、葉は水面よりも上に伸びてきています。
もう一面は花ハスですが、実は蓮花だけではなく食べれるレンコンが掘れるので「れんこん収穫体験」ができるんです。

島田小学校横の花ハスほ場

れんこんハウス前の花ハスほ場

一番広い花ハスほ場

 

 

 

2021年4月現在の古代蓮の様子

2021年もはや4月となり、気温もずいぶんと上がり日によっては暑いぐらいになりました。
島田島の古代蓮のほ場は、今年の開花に合わせてトラクターで耕し水を張っています。
普段は蓮花が咲く時期にしか目にしないと思いますが、もう蓮の芽が水面に出てきていて順調に育っている様子を写真に収めたのでご覧いただければと思います。

大島田の古代蓮ほ場の様子

大島田の圃場はすでに水面に蓮の葉が小さいながらたくさん広がってきていてます。
かなり順調に育っているように見受けられるので、6月中旬からの蓮花の開花が待ち遠しいものです。
また、古代蓮ほ場の隣の水田は、コウノトリがエサを食べに降りてくることがあるので、もしかすると見ることもできるかも・・・しれません。
もし、幸運にもコウノトリが見れた方は幸せが訪れるかもしれませんよ。

中島田島田小学校周辺の古代蓮ほ場の様子

中島田の花ハス圃場は、まだ芽が伸びだした状態ですが順調に育っているようです。
ここは古代蓮の大賀蓮以外の花ハスも植えられているのですが、水田によるのか品種によるのか詳しくは分かりませんが、まだ芽を見せていない部分もかなりあります。
とはいえ、例年よりも芽の伸びがいいようなのでこれから先の開花が楽しみです。

島田島の古代蓮も県内外から多くの方に見に来てもらえるようになりましたが、開花時期以外に来られる方は少ないのではないでしょうか?
古代蓮をはじめとした、島田島で育てられている花ハスの様子をこの季節でも楽しめるので、ぜひ見に来ていただければと思います。
逆に、今の時期でなければ蓮の生育の様子は観察できないですよ。

2021年花ハス写真コンテストの開催予定

島田島の古代蓮を見に来てくれる方が毎年増えていますが、中には大きなレンズをつけて写真を撮られる方やスマートフォンで撮影される方が大勢います。
そこで今年は2つの写真コンテストの企画を予定しています。
1つは見に来たときにスマートフォンからその場で写真をアップできる部門、もう1つはデジタルカメラで撮影した写真を厳選してアップしてもらう部門です。
また、最近は動画を撮影してユーチューブにアップされる方も多いので、同時にYou Tubeにアップした動画も応募していただく「私もユーチューバー」部門も予定しています。

今のところ開催予定で企画の詳細まで決まっていませんが、審査員には地元鳴門市瀬戸町出身のプロカメラマンの方にお願いをしています。また、鳴門市長も巻き込んでやろうと企んでいます。
優勝者を含め表彰された方々には副賞として開花終了後のレンコン掘りに無料招待をする予定です。
応募は開花時期から7月中旬まで、その後審査を行って見事当選された方にはメールで詳細を送らさせていただきます。
新型コロナの関係でもありますので応募はすべてサイトからのインターネットにて、また表彰などはサイトでの発表と応募時に記載していただいたメールにて行います。

詳細が決まり次第、当サイトのイベントページに改めて載せますので楽しみにしておいて下さい。
また、当プロジェクトの企画ではないですが、同時に古代蓮を見るウォーキングのイベントもあるかもしれません。

島田島にコウノトリがやってきた!コウノトリ定住作戦進行中!!

鳴門市の大麻町はコウノトリが定住し毎年新たな家族が増えているので有名ですが、ここ島田島も毎年とはいきませんがコウノトリが寄ってくれているんです。
そのコウノトリを3月21日の16時頃に、島田島活性化プロジェクト会長の奥さんが写真撮影に成功しました。
場所は一番最初に島田島に古代蓮を植えたほ場のすぐ隣、いつもの散歩(ウォーキング)の最中に偶然見つけてスマートフォンで撮影したそうです。

コウノトリ定住化作戦

島田島にコウノトリが舞い降りてくれる場所は、一番最初に古代蓮を植え付けたほ場のすぐ隣りにある休耕中の田んぼです。
どうやら鳴門市と兵庫県豊岡市のコウノトリの郷との間を行き来しているときに、休息したりしに降りてきているみたいです。
そこで、島田島活性化プロジェクトの副会長をはじめ、古代蓮のある大島田地区の方が協力しあって、コウノトリが定住できるようにと草が生えていた田んぼを耕し水を張って餌場にしようと頑張ってくれています。
そのおかげで、今ではコウノトリの餌も増えてきているんだろうと思います。
ちなみに、古代蓮のほ場とコウノトリが降りてきていた所はこのようになっています。
私が撮影したときにはサギしかいませんでした、残念(;_;)

コウノトリが飛来するのはこの場所

島田島でコウノトリは飛来しているのは大島田の古代蓮の周辺だけです。
分からない方は島田島観光マップで確認してください。
コウノトリがたくさん飛んできてくれて、大麻のように定住してくれたら嬉しいなあ😋

島田島観光マップ
コウノトリが飛来するのは①古代蓮のほ場近く

れんこんハウス前の花ハスほ場を整備(2021年2月28日)

休校中の島田小学校横のれんこんハウス前には古代蓮と紅島田という品種の蓮のほ場があります。
今回はその紅島田が植えられているほ場の波板を新しいものと交換しました。
小さなユンボの力も借りて、泥濘んだ場所での作業もありました。

花ハスほ場の整備
花ハスほ場の整備中、このあとユンボは段々と泥沼化したほ場に捕まり…

固そうでそこそこじゅるい(泥濘んでいる)ほ場、小さなユンボとはいえ何度か前進後退を繰り返しているうちに段々と片方のキャタピラが滑り込んでいってヤバそうになりましたが、下に板などを敷いたりして硬い畦の方に這い上がりました。

花ハスほ場の整備
花ハスほ場の整備中、ユンボはなんとか端の硬い畦に脱出して作業続行

あとは滑りこむことなく順調に作業は進み、以前埋めていた波板を新しいい物に交換していきました。

花ハスほ場の整備
花ハスほ場の整備、波板交換作業は順調に進んで…
花ハスほ場の整備
花ハスほ場の整備、作業はほぼ終了、お疲れさまでした

昨年はなぜか開花が遅く、本来なら紅色で染まるはずのほ場に白色の蓮花も見られました。
作業中に他の品種のものと見られるレンコンが出てきましたが、たぶん何かの拍子に混ざってしまったのでしょう。
もしかすると今年も紅色と白との共演が見られるかもしれません。

観光案内板を島田小学校グランド前に設置(2021年2月27日)

島田島案内板
島田島案内板

休校中の島田小学校グランド前に島田島の観光案内板を取り付けました。
この案内板のデザインを鳴門市地域おこし協力隊のお二人にお願いをして、鳴門市内にある自転車屋「CYCLE SPACE UZU」様のご協力の下、島田島活性化プロジェクトと島田地区自治振興会が共同で設置しました。
設置作業は今日、2月27日ですが地域おこし協力隊のお二人に見に来ていただき、徳島新聞さんの取材も受けました。
近いうちに徳島新聞に載ると思います。

観光案内板の設置作業風景

島田島観光案内板設置作業
島田島観光案内板設置作業
島田島観光案内板設置作業
設置作業を取材中の徳島新聞さん&鳴門市地域おこし協力隊のお二人&プロジェクト代表
島田島観光案内板設置作業
取材を受ける地域おこし協力隊のお二人、しまった前から写しとけば…

島田島観光案内板の位置

1つだけ注意点があります。
案内板には現在地が記載されていますが、地図の見た目の方向と実際の方向は合っていません。
①古代蓮や田尻の浜に行くには案内板に向かって左側に進んで下さい。
案内板右側に行くと鳴門スカイライン取り合い道路や島田渡船、撫佐漁港方面になります。
②古代蓮はこの案内板周辺一帯、れんこんハウスは小学校入り口のすぐ隣の2階建ての鉄筋の建屋になります。
島田島はけっこう楽しいですよ、ぜひ訪れてくださいね!

イノシシに荒らされた中島田の古代蓮ほ場を整備(2021年2月10日)

毎年、イノシシに荒らされて耕したようになってしまっている中島田の古代蓮のほ場を整備しました。
ところどころ波板を入れた畦があるんですが、それまでやられてしまい田んぼの境が無くなりそうに。
というわけで、今年はレンコンを作っている本職の農家の方々にお頼みしてユンボも使って本格的に整備しました。

イノシシに荒らされた畦が悲惨(;_;)

イノシシに荒らされた古代蓮ほ場
イノシシに荒らされた古代蓮ほ場

田の方は一度トラクターを入れたので荒らされた痕跡がほとんどないですが、見ていただきたいのが畦の方。
両側に波板を入れているのですが、そんなのお構いなし。ウザいなあとお怒りだったのか埋めている波板なんかぶっ飛んでしまっています。
奴ら、トラクター並みの鼻力でほぜ繰り返すので凄いです!
写真と変わらないくらい、トラクターで耕したのかと思うほどやってくれます。

レンコン掘りに使うユンボの力は凄かった!

レンコン掘りユンボ
レンコン掘りユンボの作業風景

レンコン掘りというか、レンコン職人さんが使う特殊なユンボは凄いです。
普通のユンボなら捻り込みそうなところでも平気で走ります。
実はクローラー式(キャタピラ)のトラクターでも軟いところはかなり捻り込んで出れなくなるくらいなのに、それがどうしたの?って具合にスイスイと走ります。
あっ、忘れるところでしたが、この蓮のほ場は広いのでユンボ1台にレンコン農家の本職さん5人でやってくれました。

日が暮れてしまうかも、ユンボをもう1台投入

ユンボ2台で作業
ユンボ2台に6人体制で作業

最初は1台のユンボで作業をしていたんですが、まあまあ広いほ場、畦の波板もやり直しながらの整備なので結構時間がかかります。
ということで、2台目のユンボと助っ人が1人追加でフル稼働。
畦は一部広げて鑑賞しやすいようにしていきました。
それでは、何枚かその作業風景をご覧ください。

古代蓮ほ場の整備
古代蓮ほ場の畦を整備中
古代蓮ほ場の整備
古代蓮ほ場の畦を整備中
古代蓮ほ場の整備
古代蓮ほ場の畦を整備中
古代蓮ほ場の整備
古代蓮ほ場の畦を整備中

そんなこんなで、ユンボが2台と親方を含めて総勢7人の本職レンコン農家のお力をお借りして整備された姿がこちら。
荒れ放題の畦が整って、ちゃんとユンボの通った跡も均してくれました。
流石、本業農家の皆さんです、有難うございました。

古代蓮ほ場の整備
古代蓮ほ場の整備後
古代蓮ほ場の整備
古代蓮ほ場の整備後
古代蓮ほ場の整備
古代蓮ほ場の整備後

課題は遊歩道にするには?

レンコン農家の皆さんのおかげでかなり整備されました。
あとは、畦の土に蓮ほ場の土を入れたのでどうすれば固く遊歩道のようにできるかです。
これは今年の蓮花の季節までの課題です。
何はともあれ、今回の作業はユンボと専門のお力がなければできていませんでした。
ほんとうに有難うございました。

古代蓮のイルミネーション
古代蓮のイルミネーション

ほ場の整備のあと、イノシシ避けを兼ねてイルミネーションを取り付けました。
夜はまあまあ綺麗です。

中島田の古代蓮畑に観賞用ステージがほぼ完成(2020年12月5日)

鳴門市の島田島には古代蓮が2箇所にわけて植えられていますが、休校中の島田小学校前の蓮畑に観賞用のステージをこのほど設置しました。

作業は数日に分けれ行われたのですが、先日の12月5日に駆けつけてくれた農大生の力も借りてステージがほぼ完成となりました。

細かいところでは手直しも必要となりますが、来年の蓮花の開花にはこの上で存分に楽しんで頂くことができます。

 

第2花ハスほ場の鑑賞ステージ
第2花ハスほ場(中島田の古代蓮)の鑑賞ステージ

すでに骨組みはほぼ組み上がっていたのですが、作業に関わる人数がなかなか揃わず作業日も限られていたのですが、今回は農大から強力(?)な助っ人が。

彼らのおかげで作業もはかどり、写真のようになんとかそれらしいステージが完成できました。

限られた費用の中で、外観はできるだけ和テイストにということで竹を利用。

さらに、ステージ上で一息ついて座れるようにとベンチも制作してみました。

よってたかっての作業ですが、大勢いるとワイワイガヤガヤと楽しいものです。

完成度を問われるとイマイチの感はありますが、これから手直しをして来年の花ハスの開花には見に来られた皆さんに喜んでいただけるものと信じています。

当日の作業風景をアップしますのでよろしければご覧いただければと思います。

蓮花の開花状況(2020年)7月24日現在

残念ながら雨模様の連休ですが、ちょうど雨が降っていなかったので古代蓮の様子を見に行ってきました。

鳴門市島田島の古代蓮は残念ながら見頃のピークを過ぎてしまっていますが、まだ蕾は出てきているので蓮花の写真はもう少し先まで撮れそうです。(画像が悪いです、スミマセン)

中島田の古代蓮の開花状況

中島田には今年定植した古代蓮の他に、毎年綺麗な蓮花を咲かす古代蓮があります。

今年の古代蓮はまだまだ蓮が伸びていないのですが蕾は出てきて蓮花が咲いています。

一方、島田小学校の隣にある古代蓮の大賀蓮はすでに見頃のピークを過ぎてしまい、新しい蕾も数本しか見つけられませんでした。

蓮花はもう少し咲くとは思いますが、見に来られるなら今日、明日といったところでしょうか。

レンコンハウスの前にある紅島田や白い蓮花が綺麗な小三色などの他の種類の蓮は、まだまだ蕾は出てきているのでこれからも見ることはできるでしょう。(近くにある古代蓮も少ないながら咲いています。)

大島田の古代蓮の開花状況

大島田の古代蓮も残念ながら見頃のピークは過ぎてしまったようです。

とはいえ、まだ蕾は出てきているので蓮花の写真を撮りに来ることはできます。

見頃こそ過ぎたとはいえ、こちらの古代蓮は水田の上に遊歩道が設けられているので、蓮花をすぐ間際で見ることができ写真も綺麗に撮影することができますよ。

天候にもよりますが、8月に入ってもまだ蓮花は咲いていると思われます。(ただ今年は予想がつかないところがあります)

 

蓮花の開花状況(2020年)7月17日現在

今日、7月17日(金)の夕方6時10分からNHK徳島、とく6徳島で鳴門市島田島の古代ハスの様子が放送されます。

徳島の皆さんはお見逃しのないようにお願いします。

中島田の古代蓮の開花状況

島田小学校(休校中)の横にある大賀蓮は見頃のピークを過ぎてしまったようですが、まだ蕾は膨らんできています。

しばらくは綺麗な蓮花を見れそうですが、蓮花が咲き始めるのは早朝なので、できれば早起きをして見に来てください。

多品種の蓮の様子ですが、小学校の隣りにあるレンコンハウスの前の紅島田が濃い赤色の蓮花を咲かせています。

こちらは今から本格的に咲いてくるので楽しみです。

白い蓮花の小三色は蓮こそあまり伸びていませんが、蓮花は盛りだくさんと言った感じで、次から次と蕾が出てきています。

蓮の葉が蓮花よりも下の方にあるようで、少しばかり見慣れない光景になっていますがまだまだ蓮花は咲き乱れそうです。

大島田の古代ハスの開花状況

大島田の大賀ハスはどうやら見頃を過ぎてしまったようで、少しばかり寂しい咲き方となっています。

とはいえ、まだ蕾の方は出てきているのでしばらくは蓮花を見ることができます。

蓮の花は神秘的です、ぜひとも近くでご覧いただき写真に収めてください。

余談ですが、大島田の古代ハスの横を流れる小さな水路には睡蓮も咲いていますよ。

ミツバチが花の中にいたりメダカやアメンボがいたり、心の癒やしにどうぞ。

緊急報告!蓮花の開花状況(2020年)7月15日現在

先日の開花状況から3日しかたっていませんが、今朝、様子を見に行くと思った以上に開花状況が悪いので急遽開花状況を載せています。

今年は例年よりも蓮の葉の広がりも悪く開花も遅かったのですが、逆に蓮花の終わりが早そうな感じがしています。

地元のテレビに取り上げられて見に来られる方が増えていますが、もしかすると早めに見に来たほうがいいかもしれません。

中島田の古代蓮の開花状況

中島田の大賀蓮は、島田小学校の横にある水田で一面に広がり蓮花も次から次に咲き乱れていたのですが、どうやらピークを過ぎてしまったようで蕾よりも花びらが散ったあとの花托(かたく)の方が多くなっています。

大賀蓮の水田は他にもあるのですが、そちらは蓮そのものが水田に広がっておらず蕾もほとんど見えない状況です。

他の品種では、白い花がきれいな小三色の蓮花はたくさん咲いていますが、紅色のきれいな紅島田はやっと開花し始めたという状況です。

とはいえ、例年だと8月に入っても蓮花はまだ見れるので、このサイトの開花状況を見逃さないようにしてください。

大島田の古代ハスの開花状況

島田島の古代ハスの本家、大島田の大賀ハスは順調に蓮花が咲き乱れ見頃を迎えています。

しかし、こちらも少し気になるのが蕾の数、どうも例年に比べて少ない感じで何やら早く終わりそうな感じがしています。

まだまだ蕾はあるので蓮花の開花は見れそうですが、たくさんの花が咲いて綺麗な風景を見るのは早めの方がいいように思います。

ちなみに、今日はテレビを見たからと梅雨のお休みをみて見に来られた方が多いみたいですが風が少しきつかったです。

 

蓮花の開花状況(2020年)7月12日現在

大島田の古代蓮の開花状況

大島田の大賀ハスはかなり咲いてきており、ピークを迎えそうな感じにとれます。

でも、まだまだ新しい蕾は出てきており、中旬以降も蓮花の見応えは続くものと思われます。

梅雨の大雨が続いたせいか、今日の蓮花は少しばかりしょぼんとしているように見えました。

中島田の古代蓮の開花状況

中島田の島田小学校(休校中)の横にある大賀蓮は今が見頃を迎えています。もしかすると、すでに見頃のピークを過ぎてしまったのかも知れないくらい蓮花が咲き終わったあとの花托(かたく)がたくさんあります。

中島田には大賀蓮の水田が散らばっているのですが、残念ながら蓮花が綺麗に見れるのはこの水田だけ、あとは咲いていても数本といったところで、この先も増えてくれるのか見通しがつかないところもあります。

他の品種で白い花が綺麗な小三色ですが、例年とは違い蓮の葉が広がらないのに蓮花の方はかなり咲いています。

レンコンハウスの前にある紅色が美しい紅島田は蓮が広がっているのに、蓮花の開花は少し遅れていて数本といったところ。とはいえ、蕾はますます増えてきているので中旬以降に見頃を迎えるのではないかと思われます。

なると島田島の古代蓮の蓮花はまだまだ見れます、今年は開花が遅れていたので8月に入っても十分に見ることができると思います。

蓮花の開花状況(2020年)7月5日現在

今日は梅雨の中日のように雨が降っていないので、中島田と大島田の古代蓮の様子を見に行ってきました。

中島田では今年、新しく水田を作り大賀蓮を植えたのですが、水草が一面に広がってしまい蓮の成長がどうかなあと思っていた矢先、何と蕾が膨らみ蓮花も咲いているではありませんか。

他の蓮の水田も、早くから蓮花が咲き始めていたところは一面に、これはいつ咲くんだろうと思っていたところも蕾が出てきて、1、2本咲いてきたりしています。

中島田の古代蓮の開花状況

鳴門スカイラインから島田島へ降りる取り合い道路の突き当りを左折すると古代蓮方面ですが、左折してすぐ右側の水田に今年、新しく古代蓮の大賀蓮が植えられました。

大賀蓮よりも水草が水田一面に広がってしまい今年は無理かなあと思っていたのですが、蕾がぼつぼつと出てきて先日に蓮花が開花していました。

他の蕾も順に開花していくと思いますが、ここは植えたばかりで蓮がまだ広がっておらず、見ごたえのある大賀蓮の蓮花がが見れるのは来年になるでしょう。

ちなみに、水田で草の除去をしているのは中島田の古代蓮の管理をしてくださっている、島田島活性化プロジェクトの会長さんです。

中島田にある島田小学校(休校中)周辺の蓮の開花状況ですが、小学校運動場の横にある古代蓮の大賀蓮は蓮が水田一面に広がって蓮花もかなり咲いています。蕾はまだまだ出てきているので、この中旬以降もまだ見応えはあると思います。

隣にある大賀蓮とレンコンハウス前の大賀蓮は、何故か蓮が広がらず蕾の姿も見えません。

そのレンコンハウス前の大賀蓮の隣の水田に広がっている紅島田という品種の蓮は、やっと蕾ができはじめ蓮花も1、2本ですが開花していました。こちらは7月中旬以降にならないと蓮花の見ごたえがなさそうに思えます。

さらに大島田方面に進むと紅島田や小三色、紅領巾などの蓮がありますが、こちらは白い蓮花が綺麗な小三色が水田一面に咲き始めました。ただし、蓮そのものはあまり広がっておらず、隣りにある紅色が綺麗な紅島田や紅領巾はまだまだ先といったところです。

島田小学校(休校中)横のレンコンハウスは開いています。

中には古代蓮の管理をしている人がいるとは思いますが、蓮の水田に行ったりして不在の時もあります。

レンコンハウス前では、小学生の自由研究にぴったりな花ハス生育観察セットや蓮の実から作ったアクセサリーなどを販売しています。

お家でも古代蓮が育てられる、古代蓮の苗などもありますよ。

大島田の古代蓮の開花状況

大島田の大賀蓮は水田一面に蓮が広がってきており、蓮花もかなり咲いてきました。

こちらの古代蓮の水田には遊歩道が設けられているので、運がいいとこのように遊歩道の隙間から伸びてきた蓮花を手に取る位置から写真に撮ることができます。

蕾はまだまだ出てきているし、蓮も水田を覆い尽くすほどは広がっていないので、この中旬以降、8月に入っても綺麗な蓮花を見ることができそうです。

水田一面に広がった見ごたえのある蓮花を見るチャンスはまだまだ十二分にありますよ。

 

蓮花の開花状況(2020年)6月28日現在

まだ梅雨は明けていませんが、今日は雲こそあるものの太陽が顔を出す蒸し暑い日です。

今朝、中島田と大島田の古代蓮の様子を見に行ってきたので開花状況をお知らせします。

中島田の古代蓮の開花状況

先日から紹介している、島田小学校(休校中)の横にある古代蓮の大賀蓮はかなり蓮花が咲いてきています。

今朝も写真を撮りにきた方がいました。

ただ、全面に咲き乱れているまではいかず、見ごたえのある蓮花の開花としてはもう少しあと、7月中旬頃になりそうです。

その頃になると、蓮の葉ももっと伸びて蓮花が水田一面にびっしりと咲いていると思います。

中島田には大賀蓮の水田がまだあるのですが、こちらは生育そのものがまだまだで蕾も見当たりません。

また、大賀蓮以外にも紅島田、小三色、紅領布といった品種の蓮が植えられているのですが、まだまだ蓮そのものが広がっておらず、蓮花が咲いているのは白い花の咲く小三色と赤い花の咲く紅島田の一部だけです。

こちらは白い蓮花と赤い蓮花のコントラストが美しいのですが、残念ながら7月の中旬以降になってからだと思われます。

島田小学校横のレンコンハウス

中島田にある休校中の島田小学校のとなりにあるレンコンハウスが開いています。

古代蓮にまつわる特産品なども売っているので、ぜひ寄ってみてくださいね。

今だと、子供の夏休みの観察研究用に蓮の実を育てるキットも売っています。

れんこんハウス
れんこんハウス(2020年6月28日撮影)

大島田の大賀ハスの開花状況

大島田の古代蓮はかなり蓮が広がってきており、蓮花もだいぶ咲いてきています。

もちろん蕾がたくさんあるので、あたり一面が蓮花で覆われるのももうすぐだと思われます。

こちらも朝早くから多くの方が見に訪れているようで、自分が行ったときにも4~5人ほどの方が写真を撮っていました。

まだ、蓮の葉が一面に広がってはいないので、蓮花の見頃を迎えるのは7月中旬に入ってからでしょう。

8月上旬までは間違いなく見れるので、時間が無い方も焦らずに待っていてくださいね。

蓮花の開花状況(2020年)6月21日現在

梅雨の切れ目となり青空が広がっていたので、午前中に中島田と大島田の古代蓮の様子を見に行ってきました。

何故か今年は生育が悪く、なかなか田んぼ一面に蓮が広がってくれませんが、どちらも大賀ハスの蓮花はかなり咲き始めています。

中島田の古代ハスの開花状況

休校中の島田小学校の横にある大賀ハスはほとんど水田一面に広がっており、蓮花もかなり咲いています。

早いものだと既に花弁が散って花托(かたく)になっています。

写真を撮りに訪れている人もぼちぼち増えてきており、今月末から来月初旬頃にはもっと咲き乱れていると思われます。

ただ、この水田以外に植えられている大賀ハスや他の品種の蓮は生育がいまいちで、蓮花が咲いているのは白い花の咲く小三色という品種のみ。

その小三色も蓮花こそ増えてはきていますが、蓮が水田全面には広がっておらず綺麗な蓮花を見れるのはまだまだ先、来月、7月に入ってからになるでしょう。

他の蓮はもしかすると7月の中旬以降になるかもしれません。

大島田の古代蓮の開花状況

大島田の大賀蓮も蓮花が咲き増えてはきているのですが、いかんせん蓮そのものがまだまだ水田いっぱいには広がってはおらず、蓮花もまだまだ少ない状況です。

今月、6月末にはもう少し増えてくると思われますが、水田一面が蓮で覆われるのは7月に入ってから、蓮花が一面に咲き乱れるのは7月中旬頃になると思います。

このページは島田島在住の おがわちゃん が書いております。

古代蓮以外にも島田島のことを書いているサイトを作っていますので、まだ内容に乏しいですがよろしければ見てください。

こちら→なると島田島わくわくアイランド

中島田の古代ハスの開花状況(2020年)6月15日現在

中島田の古代ハス、大賀ハスが開花しました。

昨日、6月14日に私が見に行ったときの状況と、今朝、中島田の古代ハスをお世話している地元の自治振興会会長さんから送られてきた写真を掲載します。

昨日の段階でもうすぐ咲きそうな蕾を見つけてはいたのですが、私の予想より早く今朝になって開花したようです。

この蓮花が島田島の古代ハスの中では一番開花かと思われます。

時間があれば大島田を回ってきますが、大島田の方も昨日見に行ったときの写真がありますので別ページにて掲載します。

6月14日の開花状況

6月15日の開花状況

蓮花の開花状況(2020年)6月7日現在

徳島県も梅雨に入っていますが今日も夏日、気温がグングン上がっています。

この季節、雨が恋しいですが島田島の古代蓮の状況を見てきました。

大島田、中島田とも蓮そのものはあまり広がってはいませんが、すでに蕾が膨らみ始めています。

このままですと開花は6月中旬以降、下旬にもなると葉も広がり花もかなり咲いているかと思います。

大島田の古代蓮の状況

蓮の葉はあまり広がってはいませんが、ところどころに蕾が膨らみ始めています。

開花予想は早ければ6月中旬、全面に花が咲き始まるのはやはり6月下旬頃でしょうか。

中島田の古代ハスの状況

中島田には古代ハスの大賀ハスのほかにもハスが植えられています。

大賀ハスのほうはかなり広がっていますが、他のハスはまだまだのようです。

しかし、ほとんどのところで蕾が膨らみ始めています。

大賀ハスの様子

その他の蓮の様子

 

古代蓮で作った特産品

鳴門市の島田島の古代蓮から作った特産品を紹介します。

蓮の特産品?と言われてもピンとこないかと思いますが、蓮の実は固いのでアクセサリーとかにも加工できます。

蓮の実

蓮華玉ストラップ

蓮華玉ブレスレット

蓮華玉念珠

蓮華玉念珠

残念ながら通信販売はしておりません。

ご購入は鳴門市大津町にある農産物直売所「えがお」でお願いします。

徳島県鳴門市大津町備前島字横丁ノ越303-1

地図はこちらをクリック。

 

 

中島田の古代ハスの状況(2020年)5月23日現在

中島田の新しい古代ハス

鳴門スカイラインから島田島へと下りて左折し、古代蓮へと向かうすぐ右手の田んぼを古代ハスの水田にしました。
中島田の古代ハスのメンバーで島田島の代表の方が一人で田んぼを耕し水を張って、今日、5月23日に有志数人によって大賀ハスの苗を植え付けました。
今年の開花には少し早いですが、来年には見事な蓮の花が咲き乱れているはずです。

今日、2020年5月23日の古代ハスの植え付けの様子です。
水田は広いのにハスが少ないのですが、植え付けると次々と延びてゆくためこれで十分だそうです。

古代蓮の様子(2020年)5月23日現在

大島田の古代蓮の様子

まだ蓮の葉が大きくなっていません。 開花は6月下旬頃でしょうか。

中島田の古代ハスの様子

休校中の島田小学校周辺の古代ハスの様子です。

こちらもまだ蓮の葉が小さく、開花は7月前後になりそうです。

蓮花の開花状況(2019年)7月3日現在

7月3日現在開花状況 大島田、中島田
大島田は少し花が少ないようです。

蓮花の開花状況(2019年)6月28日現在

6月28日現在開花状況 大島田古代ハス
先日の風の影響で葉が痛んだままですが、花は少しづつ大きくなっています。

蓮花の開花状況(2019年)6月24日現在

6月24日現在開花状況 島田小学校近く

蓮花の開花状況(2019年)6月8日現在

6月8日現在開花状況 大島田大賀ハス

蓮花の開花状況(2019年)5月29日現在

開花を待つ蓮花の植え替え、新たな場所への植え付けなど今月中旬終了いたしました。
花畑へ降りて、あぜ道の波板も修理したので今年も大勢の方々に花を楽しんでいただけると思います。

このつぼみは間もなく開花を迎える‼

蓮花の開花状況(2018年)8月1日14:20現在

大島田に咲く古代蓮:
今年は異常な猛暑で、ハス畑が菌発症のため壊滅状態となっています。
残念ながら、見る期間が短かったようです。

中島田の島田小学校横に咲く3種の蓮:
こちらはまだ花も多く今月中旬まで見られると思います。

2018 7月15日(日) 古代ハスまつり開催します。

古代蓮のイベント「古代ハスまつり」今年(2018年)7月開催します。

開催日時:7月15日(日)
開催時間:10:00~12:00
イベント:象鼻杯(どうびはい)を行います。
     メダカすくい を行います。
     アイスクリームが食べられます。
お問い合わせ先は下記の担当者へお願いします。


常松:090-7257-8388   新蔵町徳島事務所
足原:090-5143-4286   現地事務所

-島田島の休耕地活用 大賀ハスを育てる会-

蓮花の開花状況(2018年)7月2日14:20現在

大島田に咲く古代蓮:
今年は蓮花の蕾も多く見え、見ごろは今月中旬から下旬がよさそうです。
花は3~4分咲といったところです。

中島田の島田小学校横に咲く3種の蓮:
こちらはまだ花も少ないことから、今月下旬から来月いっぱい見られると思います。

蓮花の開花状況(2017年)7月31日現在

大島田に咲く古代蓮:
本年は蓮花の蕾も少なかったため、本日見たかぎりでは数本咲いている程度であった。
見頃も終わり、花托が膨らみ蓮の実が大きくなっています。

中島田(小学校)横に咲く紅島田蓮:
花は見頃(右写真)で、大きな蓮花を咲かせています。
その隣では茶碗蓮(ミニ)が見頃とばかり、白い花を咲かせています。

四国放送で島田島の古代蓮の画像が放送されます。

四国放送で島田島の古代ハスが放送予定是非ご覧ください。
3秒間の映像です。
7月15日(土曜日)1回目  9時20~25分ごろの予定
         2回目18時30分直前
7月16日(日曜日)1回目  9時55分直前 
         2回目19時58分直前
それ以降はランダムに出るそうです。

2017年7月2日-現在の蓮の開花状況-

現在まさに蓮花の見頃を迎えています。
7月2日撮影の写真をご覧ください。
これから観光に、花の撮影にとお考えの方はご参考にしてください。

 

『珈琲煎家 まいせん』にて写真展を開催中です。

島田島古代蓮 写真展7月上旬より、「島田島に咲く古代蓮」の写真募集し、たくさんのご応募ありがとうございました。

9月16日より23日まで、徳島市国府町井戸38-4の自家焙煎の店『珈琲煎家 まいせん』店内にて写真展を開催しています。是非多くの方に見て頂きたいと思っています。

 

主催:大麻町商工会
「平成28年度小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業」

自家焙煎珈琲とfood&sweetsの店『櫻茶屋』展示場にて写真展を開催‼

7月上旬より、「島田島に咲く古代蓮」の写真募集し、たくさんのご応募ありがとうございました。
9月10日より14日まで、徳島市北沖洲3-8-61の自家焙煎珈琲とfood&sweetsの店『櫻茶屋』ギャラリーにて写真展を開催いたします。是非多くの方に見て頂きたいと思っています。

主催:大麻町商工会
「平成28年度小規模事業者地域力活用新事業全国展開支援事業」

「島田島に咲く古代蓮」写真展 作品募集

写真展案内応募要項が決定いたしましたので応募される方は様式をダウンロードをお願いします。
応募方法:応募票に沿ってご記入後大麻町商工会にお送りください。
応募先:〒779-0302 徳島県鳴門市大麻町大谷字西台3番地 
電話088-689-0204
デジタルデータ送付先:デジタルデータの送付先はこちら
応募締め切り28年8月31日
応募用紙はこちらをクリックしてください。

2016観蓮会イベント開催中止となりました。

昨年好評いただきました、古代蓮イベント「観蓮会」ですが、今年(2016年)も開催予定をしておりましたが、この度イベントの中止が決定いたしました。多くのお問い合わせをいただきましたが、イベント中止となりご迷惑をおかけいたしました。

次年度はぜひ開催できるよう努力いたしますので、あたたかいご声援をお願いいたします。
事務局

平和のシンボル「古代蓮(大賀ハス)」の写真を募集しています。

鳴門市島田島では、平和のシンボル「古代蓮(大賀ハス)」が旬を迎え、たくさん花を咲かせています。
今年の「古代蓮(大賀ハス)」の写真を募集しています。

応募のあった写真を徳島県内の喫茶店などにギャラリーとして展示を企画中です。
また、応募のあった写真の中から、抜粋し、本ホームページ上に提出者名とともに掲載も同時に企画中です。ふるってご参加をお願いします。

応募方法は近日中にホームページ上に記載いたします。
まずは撮影‼ みんなで一緒に‼‼・・・・

ホームページを公開いたしました。

徳島県6次産業化課題解決プロジェクト連携推進事業の採択を受け、ホームページを公開いたしました。
今後とも、鳴門市瀬戸町島田島を観光地として、また地元特産品を産官学民・地域連携のもと発展させられるよう、様々な発信を実施してまいります。

鳴門市島田島の休耕地を活用し観光地に!!  神秘的な花古代ハスを植えつけました。

鳴門市瀬戸町の島田島で、「2千年の眠りから覚めた花」神秘的な古代ハスの花を休耕地に植えて観光地にしようという活動が始まり、県内の地域おこしボランティア徳島市新蔵町1の常松留雄さん(79)をはじめ徳島大学学生や「れんこん研究会」の方々「ウマイ(株)」「(株)みむら」等と地元の人たちで4月27日に古代ハスの植え付けを行った。ハスは6月下旬から7月初旬にピンクの花を咲かせる。

 蓮池住所:
徳島県鳴門市瀬戸町大島田5-1
徳島県瀬戸町中島田 島田小学校周辺
(鳴門北インターから車で約15分)
 蓮花の見頃期間:
6月中旬~8月上旬(天候等により変動します。)
6:00~10:30ごろ(早朝から午前中)
11:00ごろから花がすこしずつ閉じます。