古代蓮の島・なると島田島

古代蓮の生育状況と今日の作業(2021年6月5日)

前回よりまだ1週間しか立っていませんが、島田島の古代蓮と花ハスの生育状況をお伝えします。
正直、1週間だとまだ目についた変化は見受けられないですが、たまに立ち寄っていただくとどんどん広がっていくのが分かるかなと思います。

大島田の古代蓮の生育状況

蓮は広がってきているし、水面より上に伸びてはきていますがまだまだといった感じです。
でも、これが6月末には蓮花が見られるなんて想像もつかないですよね。

中島田の古代蓮の生育状況

中島田の古代蓮は順調に生育しています。
大賀ハス以外の品種の花ハスは、広がりの早いのと遅いのでかなりの差があります。
しかし、例年だと見ごろを迎えるころには同じように蓮花は咲いているので心配はないでしょう。

島田小学校横の古代蓮とれんこん収穫の蓮

れんこんハウス前の古代蓮と紅島田

島田小学校周辺の古代蓮と花ハス

今日の作業風景

中島田の古代蓮ほ場では、蓮の周りを埋め尽くしにかかってきた「コナギ」という草を取って、島田小学校周辺の花ハスに肥料をやりました。

 蓮池住所:
徳島県鳴門市瀬戸町大島田5-1
徳島県瀬戸町中島田 島田小学校周辺
(鳴門北インターから車で約15分)
 蓮花の見頃期間:
6月中旬~8月上旬(天候等により変動します。)
6:00~10:30ごろ(早朝から午前中)
11:00ごろから花がすこしずつ閉じます。