古代蓮の島・なると島田島

田んぼをヒマワリ畑に変身中(2021年5月9日)

鳴門スカイラインを島田島におりて、島田小学校の方に左折するとすぐ右手に田んぼがあります。
ここは昨年、古代蓮を植えてみたのですが蓮の成長よりも草の成長が勝ってしまい、浮草の中に古代蓮が開花したような風景になってしまいました。
さらに、田んぼに水を取り入れる水路に水が溜まらなくなり、今年は古代蓮をあきらめてヒマワリとコスモスを植えようと言うことになりました。
今日は島田島活性化プロジェクト会長がトラクターで耕すということで作業の様子を写真に収めてきました。
会長、1人での作業、お疲れさまでした。いつものことでお手伝いなしですみませんm(_ _)m

2020年の古代蓮の状況

昨年は下の写真のように一面に草が生い茂り、その中に古代蓮の大賀ハスがポツポツと開花していた状況でした。(全体の写真が見当たりませんでした。)

2021年5月9日の作業風景

ここはかなりの広さがあるので、トラクターでも全部終わるのに時間がかかります。
会長には申し訳ないのですが、最初の写真を撮ってからは時間を見てもう一度撮影しにきました。



 蓮池住所:
徳島県鳴門市瀬戸町大島田5-1
徳島県瀬戸町中島田 島田小学校周辺
(鳴門北インターから車で約15分)
 蓮花の見頃期間:
6月中旬~8月上旬(天候等により変動します。)
6:00~10:30ごろ(早朝から午前中)
11:00ごろから花がすこしずつ閉じます。