神秘の花が咲き誇る古代蓮の島 なると島田島

2021年5月1日の花ハスほ場の状況

島田小学校周辺の花ハスほ場の蓮の様子と、大島田にあるほ場の古代蓮の状況をお知らせします。
先月と比べると古代蓮は順調に成長していますが、蓮の種類によってはまだ目につくほど成長していないのもあります。
すくすくと育っている蓮の葉は少しずつ大きくなり、水田全体に広がってきており水面の上に顔を出してきています。
目につかない蓮の方も、もう少しすればいきなり水面に葉が顔を出してくれるでしょう。

大島田の古代蓮の状況

今日は風が強かったので写真では見にくいかもしれませんが、こちらはかなり広げってきており、蓮の葉が水面より上に伸びてきました。まだまだ小さいですが、これから暖かくなると成長も早いのではないかと思います。

中島田の花ハスほ場の状況

中島田では島田小学校周辺にかなり広い面積で、古代蓮をはじめ多品種の花ハスを育てています。
まずは、島田小学校横の古代蓮と花ハスの様子をご覧ください。
特に古代蓮の方はかなり広がってきており、葉は水面よりも上に伸びてきています。
もう一面は花ハスですが、実は蓮花だけではなく食べれるレンコンが掘れるので「れんこん収穫体験」ができるんです。

島田小学校横の花ハスほ場

れんこんハウス前の花ハスほ場

一番広い花ハスほ場

 

 

 

 蓮池住所:
徳島県鳴門市瀬戸町大島田5-1
徳島県瀬戸町中島田 島田小学校周辺
(鳴門北インターから車で約15分)
 蓮花の見頃期間:
6月中旬~8月上旬(天候等により変動します。)
6:00~10:30ごろ(早朝から午前中)
11:00ごろから花がすこしずつ閉じます。