古代蓮の島・なると島田島

パルマ産生ハムとパルメザンチーズ、フルーツトマトの冷製鳴ちゅるうどん

うどんの味を一番出しやすくインパクトのあるメニューを考えました。このうどんは手早く出来て、通年に適した幅広いメニューに使え、他の具材にも絡めやすい、温かいメニューもアイデアが広がります。
蓮の実入り鳴ちゅるうどんレシピ一覧はこちら>>

鯛と湯葉のあんかけ

麺だけを食べても美味しく、麺そのものを食べる楽しみができたのではないかと思う。そしてそれにあう出汁やぐざいを考えたらこの料理になりました。独特な食感と湯葉のとろみがマッチしていると思います。
蓮の実入り鳴ちゅるうどんレシピ一覧はこちら>>

鯛とれんこんすり流しの鯛スープ仕立

鳴門の食材をメインに、塩味の鯛スープにれんこんの甘みを加え、薬味、あしらいで味、食感の変化を楽しめる料理に仕上げてみました。夏は鱧のスープに変えることを考えてみました。
蓮の実入り鳴ちゅるうどんレシピ一覧はこちら>>

ハスの実入り鳴ちゅるうどんの明太子クリームソース

このうどんは粘りが出るとのことだったので、それを活かし、明太子を使った濃いめのそーすにしました。ふつうの鳴ちゅるうどんより粘りがあるので茹でた時にちぎれることが少なく、絡めやすい。コース料理の出すのにもちょうどよい量だと思います。
蓮の実入り鳴ちゅるうどんレシピ一覧はこちら>>

郷土の鳴蓮うどん

鳴門のうどんであることから、蓮根や若布など鳴門のものを具材に入れ、郷土色を出した。
うどん自体にはコシがあると思う。
蓮の実入り鳴ちゅるうどんレシピ一覧はこちら>>

鳴ちゅるうどんのフィディア仕立てと阿波牛の赤ワイン煮

なるちゅるうどんは、つるつる感があり口当たりが非常に良いのが特徴です。不揃いであることがソースと良く絡み、マデラを加えたフォンドボーのソースと相性が抜群です。今回は、阿波牛の赤ワイン煮と合わせました。
蓮の実入り鳴ちゅるうどんレシピ一覧はこちら>>

 蓮池住所:
徳島県鳴門市瀬戸町大島田5-1
徳島県瀬戸町中島田 島田小学校周辺
(鳴門北インターから車で約15分)
 蓮花の見頃期間:
6月中旬~8月上旬(天候等により変動します。)
6:00~10:30ごろ(早朝から午前中)
11:00ごろから花がすこしずつ閉じます。