古代蓮の島・なると島田島

古代蓮の開花状況(2021年7月4日)

蓮花が増えてきたとは言え、やはり見頃にはもう暫く時間がかかります。
今日は日曜日ともあって早朝よりたくさんの方が見に来られておりました。

大島田の古代蓮の様子

大島田の大賀ハスは蓮花が順調に開花しています。
見頃にはあと1周間は必要かと思いますが、順次咲いていくので午前中に見に来ていただくと綺麗な蓮花が見れます。


中島田の古代蓮と花ハスの様子

島田小学校周辺の古代蓮は蓮花が増えてきています。
小学校横の大賀蓮はすでに咲き終わったあとの、ハチの巣と呼ばれる蓮の実が詰まっているのが増えてきました。
小学校隣りにあるれんこんハウス前の古代蓮も少しづつですが増えてきています。ただ、横の紅島田はやっと小さな蕾が数本見えだしたところです。
奥にある紅島田、小三色は白い蓮花が多く見られるようになりました。
その奥の紅領巾や今年植えた古代蓮はもう一つです。



 

 蓮池住所:
徳島県鳴門市瀬戸町大島田5-1
徳島県瀬戸町中島田 島田小学校周辺
(鳴門北インターから車で約15分)
 蓮花の見頃期間:
6月中旬~8月上旬(天候等により変動します。)
6:00~10:30ごろ(早朝から午前中)
11:00ごろから花がすこしずつ閉じます。