鳴門市島田島観光プロジェクト 島田島の古代蓮

蓮花の開花状況(2020年)6月28日現在

まだ梅雨は明けていませんが、今日は雲こそあるものの太陽が顔を出す蒸し暑い日です。

今朝、中島田と大島田の古代蓮の様子を見に行ってきたので開花状況をお知らせします。

 

中島田の古代蓮の開花状況

先日から紹介している、島田小学校(休校中)の横にある古代蓮の大賀蓮はかなり蓮花が咲いてきています。

今朝も写真を撮りにきた方がいました。

ただ、全面に咲き乱れているまではいかず、見ごたえのある蓮花の開花としてはもう少しあと、7月中旬頃になりそうです。

その頃になると、蓮の葉ももっと伸びて蓮花が水田一面にびっしりと咲いていると思います。

中島田には大賀蓮の水田がまだあるのですが、こちらは生育そのものがまだまだで蕾も見当たりません。

また、大賀蓮以外にも紅島田、小三色、紅領布といった品種の蓮が植えられているのですが、まだまだ蓮そのものが広がっておらず、蓮花が咲いているのは白い花の咲く小三色と赤い花の咲く紅島田の一部だけです。

こちらは白い蓮花と赤い蓮花のコントラストが美しいのですが、残念ながら7月の中旬以降になってからだと思われます。

島田小学校横のレンコンハウス

中島田にある休校中の島田小学校のとなりにあるレンコンハウスが開いています。

古代蓮にまつわる特産品なども売っているので、ぜひ寄ってみてくださいね。

今だと、子供の夏休みの観察研究用に蓮の実を育てるキットも売っています。

レンコンハウス

レンコンハウス(2020年6月28日撮影)

 

大島田の大賀ハスの開花状況

大島田の古代蓮はかなり蓮が広がってきており、蓮花もだいぶ咲いてきています。

もちろん蕾がたくさんあるので、あたり一面が蓮花で覆われるのももうすぐだと思われます。

こちらも朝早くから多くの方が見に訪れているようで、自分が行ったときにも4~5人ほどの方が写真を撮っていました。

まだ、蓮の葉が一面に広がってはいないので、蓮花の見頃を迎えるのは7月中旬に入ってからでしょう。

8月上旬までは間違いなく見れるので、時間が無い方も焦らずに待っていてくださいね。

 

 蓮池住所:
徳島県鳴門市瀬戸町大島田5-1
(鳴門北インターから車で約15分)
 蓮花の見頃期間:
6月中旬~8月上旬(天候等により変動します。)
6:00~10:30ごろ(早朝から午前中)
11:00ごろから花がすこしずつ閉じます。